もったいなか

Just another WordPress site



HOME | 未分類 | 初めて聞いた「ちんくしゃ」という言葉

初めて聞いた「ちんくしゃ」という言葉


November 7,2015 |

テレビを見ていたら会話で「ちんくしゃ」という言葉が出てきて、
それを聞いていた人は誰もその言葉を知らず私もその言葉を初めて聞きました。

その言葉の意味は何だろうと気になりその続きをずっと見ていても、
その言葉の意味を説明されずに終わってしまい、
「ちんくしゃ」とはどんな意味の言葉なのかと思って後で番組が終わってから調べてみました。

「ちんくしゃ」という言葉の意味は、
犬の種類でチンというのがいますがそのチンの顔みたいに顔のパーツが真ん中に寄ってる人のことと、
その真ん中に寄ったチンの顔が醜いので顔が醜い人のことをそう言うそうで、
漢字もあって「狆くしゃ」という字を書くのだそうです。
この言葉のおかげでこんな漢字があったことも初めて知りました。

知らない言葉を知ると人前でその言葉を使ってみたくなるものですが、
ちんくしゃな顔の人がいてもその人の前ではさすがにこの言葉は使えません。
言葉の意味を知ると何人かの顔が頭に浮かびました。

Comments are closed.

Related Posts.

アンケート調査を見ていて思い出すこと | 車の販売店に、ペッパーくん発見! | 利用する人が増加する格安バス

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    メタ情報

    安くて人気のある電話占いの比較





    Theme powered by: WordPress: © 2015 - 2017もったいなか